マモロール 株式会社天明

小さな工夫で大きな安全
スライドして常に親綱を保護します!

マモロールとは

特徴

  • ポリプロピレン(PP)でできているため、落としても壊れにくい。
  • マモロール自体が回転するため、ロープの摩擦が少ない。
  • ロープはマモロールの上に乗っているだけなので、点検が直視にて安易に行える。
  • 従来の保護カバーのように脱落がない。

親綱に安全を託すマモロール

ロープの摩擦防止に2つに
分かれることで取り付け・取り外しが簡単になりました!

法面作業では、作業態勢や上下移動により親綱に対する荷重が異なります。すると親綱は10cm前後上下(摩擦)します。更に、単管に傷やモルタルが付着していたり、クランプに接すれば親綱の摩擦度は増し、親綱が切れるということも予想されます。私たちの命を託す親綱です。擦れ養生に是非マモロールを用いて安全作業を心がけてください。

マモロールとは

「マモロール」の使い勝手について(回答数36)

「良い」を選んだ主な理由(意見の多い順)

  • 親綱やクランプ部に擦れ防護をしなくて良い。
  • 横移動しやすい。
  • 親綱が痛まない。
  • 親綱の擦れ状況をチェックし易い。
  • 安定する。
  • 見栄えが良い。等

「良い」を選んだ主な理由(意見の多い順)

  • 横移動の際、動きが悪い。
  • 親綱がマモロールから外れる。等

「マモロール」を使用した感想 (回答数48)/重複回答有り

「この部分を改良すれば使いたい」
改良して欲しい部分の主な要望(要望の多い順)

  • 取付け、取り外しの簡単化。
    (ワンタッチ、ニ分割に出来る等)
  • 輪の径を大きくして親綱が外れ難くして欲しい。
  • 横滑りを良くして欲しい。
  • 単管に通す穴の径を大きくして欲しい。
  • もう少しコンパクトにして欲しい。等

「マモロールの他に長い親綱の擦れ防護方法

主な回答例
  • うまのクランプに接触しないようにすればいいので、コンパネを輪切りにして取り付ければ安く済む。
  • 電線のカバーをうまに取り付けて擦れ防護する。
  • 親綱の管理票に使用している素材のものを擦れ防護に使う。
  • 親綱自体を擦れ難い素材にする。
  • うまのクランプ部と親綱の間に傘型プレートを付ける。
  • うまを使用する。等

クランプカバーの固定方法について

主な回答例(テープで固定する以外の意見)
  • マモロールと同じ素材で、上から被せるタイプのものを作る。
  • クランプカバーに固定用のボタンやマジックテープをつける。
  • 土嚢袋やウエスを巻いて固定。
  • 親綱とクランプの間に半分に切ったマモロールや傘型のプレート等を取り付けて、親綱とクランプが接触しないようにする。等

インフォメーション

2018.07
ホームページをリニューアルしました。
2014.02
このたび、業務の拡大にともない七月一日をもちまして、社名を天明産業株式会社から「株式会社 天明」と改称することとなりました。宜しくお願い申し上げます。